fbpx
自宅で映画やドラマを一気に観よう!

映画『マイノリティレポート』を無料で視聴できる動画配信サービスを紹介

5 min 6 views
https://filmz.jp/wp-content/uploads/2020/03/vo5.png

『 マイノリティレポート 』を無料でいますぐ観たいんだけど、どの配信サービスを利用すればいいの?

無料で『 マイノリティレポート 』を観る方法と、そのあらすじや見どころを紹介していくね。

https://filmz.jp/wp-content/uploads/2020/03/vo19.png

結論、『 マイノリティレポート 』を無料で観るなら『U-NEXT』がおすすめです。

「U-NEXT」なら、14万本もの動画が見放題です。しかも、31日間の無料トライアルがあるので、いますぐ無料で『 マイノリティレポート 』が観られます。

映画『 マイノリティレポート 』を無料で観る方法

『 マイノリティレポート 』が無料で観られるサービスをまとめました。

VODサービス見放題・無料レンタル有料レンタル
U-NEXT
Hulu
Netflix
Amazonプライムビデオ
dTV
TSUTAYA TV/DISCAS
FODプレミアム

映画『 マイノリティレポート 』をU-NEXTで視聴する

U-NEXTでは、『 マイノリティレポート 』が見放題配信中です。

サービス名U-NEXT
無料期間31日間
料金月額1,990円
メリット・動画配信数、業界No.1
・新作が実質無料でレンタル可能
デメリット・他のサービスに比べて少し高い
どんな人におすすめ?・幅広いジャンルの動画を観たい
・最新作も定期的に観たい

見放題作品の数なら他のVODサービスを圧倒しています。31日間の無料体験を通じて、かなり多くの作品が楽しめること間違いなしです!

『 マイノリティレポート 』に興味のある方でしたら、U-NEXTの見放題にある次の作品なども合わせて楽しめるかもしれません。

こちらもおすすめ!
  • イーグル・アイ
  • アイランド
  • サロゲート

無料体験期間中にたくさんの作品を楽しんでみてください。

\ 31日間の無料体験実施中 /

無料体験中に解約をすればお金はかかりません。

映画『 マイノリティレポート 』を Hulu で視聴する

Hulu でも、『 マイノリティレポート 』は見放題配信中です。

サービス名Hulu
無料期間14日間
料金月額1,026円
メリット・最新作がいち早く観られる
・様々なデバイスで視聴可能
デメリット・複数のデバイスでの同時視聴ができない
どんな人におすすめ?・最新作をいち早く見たい
・様々な場所・デバイスで楽しみたい人

『 マイノリティレポート 』に興味のある方であれば、Hulu で観られる次の作品もおすすめです。

こちらもおすすめ!
  • ルーパー
  • オブリビオン
  • コラテラル

無料体験もあるので、ぜひお試しください。

\ 2週間の無料体験実施中 /

無料体験中に解約をすればお金はかかりません。

映画『 マイノリティレポート 』のあらすじ

2054年のワシントン。

プリコグと呼ばれる予知能力者が未来の殺人を予知、犯罪予防局が未然に逮捕することで犯罪が90%減少していた。犯罪予防局のアンダートンは最もそのシステムを信じていたが、自分が見知らぬ男を殺すことを予知され、一転して追われる身に。彼はプリコグの一人を連れて逃亡するが……。

フィリップ・K・ディックの原作を、スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演で映画化。 撮影はスピルバーグ作品常連のヤヌス・カミンスキー。


映画.com

主人公ジョン(トム・クルーズ)は犯罪予防局ユニットのリーダーで将来犯罪を犯すことになる人物を事前逮捕する職務についていました。
ある日、犯罪予防するシステムの核となるプリコグの能力者アガサ(サマンサ・モートン)から奇妙な事件の残像を見せられ独自に調べることに。
しかしその矢先に彼は何者かの罠に嵌められ司法省調査官ダニー(コリン・ファレル)たちから追われる身になってしまいます。
追跡から逃れた彼は予知システムの欠陥を疑い開発者ハイネマンから能力者アガサのマイノリティーリポートを調べるようアドバイスを受けます。

映画『 マイノリティレポート 』の見どころ

引用元:https://lozierinstitute.org/movie-reviews/minority-report-2002/

舞台は予知システム導入の国民投票を控えた2054年ワシントン、息子のホログラムを悲しそうに眺めるジョン、外では空飛ぶ車にデジタル化されたメディア媒体、張り巡らされた監視網で全ての人々を識別可能な監視社会です。
絶対的な信頼を置く国が導入したシステムにミスがあってはならないと考える監視者、そしてある筈がないと信じ切っている国民たちですが、その盲点を利用した犯罪が発生した場合に私達に逃れる術はあるのでしょうか?
近未来映像として楽しめることはもちろんですが近い将来に現実に訪れる監視社会が本当に正しい選択なのかを考えさせる作品です。

映画『 マイノリティレポート 』の主要キャスト

引用元:http://cf-italian.blogspot.com/2002/06/minority-report-afterparty.html

キャスト
  • トム・クルーズ
  • コリン・ファレル
  • サマンサ・モートン

ジョン 役 / トム・クルーズ

引用元:https://www.newidea.com.au/tom-cruise-opens-up-about-split-from-ex-wife-katie-holmes

1962年7月3日ニューヨーク州シラキュースに生まれ学生時代に両親の離婚やスポーツでの挫折を経験し演劇の世界に関心を持ちます。 1981年映画:エンドレス・ラブでデビューを飾り、1983年映画:卒業白書での演技が評価され注目の若手俳優として認知されます。 1989年映画:7月4日に生まれてや1996年映画:ザ・エージェントではゴールデングローブ賞 主演男優賞を受賞し、同年映画:ミッション:インポッシブルは現在も続編を制作中の大人気シリーズでも主演をつとめています。 また2020年より本作の編となる映画:トップガン・マーヴェリック制作中なので完成が楽しみな大人気俳優です。

トム・クルーズ の関連作品
  • バリー・シール/アメリカをはめた男
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト
  • インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

ダニー 役 / コリン・ファレル

引用元:https://www.imdb.com/name/nm0268199/

1976年5月31日アイルランド ダブリン生まれ、テレビドラマ出演をかわきりに2000年映画:私が愛したギャングスターでスクリーンデビューを飾り、2002年映画:ジャスティスや2003年映画:デアデビルなどに出演し存在感のある演技で注目を集めます。
また2004年映画:アレキサンダーや2006年映画:マイアミ・バイスなどに出演したことで多くの女性ファンを獲得し人気を集めている俳優です。

コリン・ファレル の関連作品
  • デアデビル
  • マイアミ・バイス
  • トータル・リコール

アガサ 役 / サマンサ・モートン

引用元:https://www.theplace2.ru/photos/Samantha-Morton-md2176/pic-566498.html

1977年5月13日イングランド ノッティンガム生まれ、1997年映画:アンダー・ザ・スキンスクリーンデビューを飾るなりボストン映画批評家協会賞主演女優賞を受賞し世界的な認知度をを獲得します。
以降1999年映画:ギター弾きの恋や2003年映画:イン・アメリカ/三つの小さな願いごとではアカデミー賞にノミネート経験があり、他2012年映画:コズモポリスや2016年映画:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅など数々の作品で存在感のある演技が評価されている女優です。

サマンサ・モートン の関連作品
  • リバティーン
  • エリザベス:ゴールデン・エイジ
  • メッセンジャー

映画『 マイノリティレポート 』の スティーヴン・スピルバーグ 監督の他作品の紹介

引用元:https://www.imdb.com/name/nm0000229/

スティーヴン・スピルバーグ 監督は、次のような作品を残しています。

スティーヴン・スピルバーグ の作品
  • 刑事コロンボ/構想の死角
  • ジョーズ
  • レイダース/失われたアーク《聖櫃》
  • E.T.
  • インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
  • ジュラシック・パーク
  • プライベート・ライアン
  • 宇宙戦争
  • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
  • ウエスト・サイド・ストーリー

https://filmz.jp/wp-content/uploads/2020/03/vo16.png

1946年12月18日オハイオ州シンシナティ生まれで、幼少期から8ミリカメラを使用し自主映画の製作に励み、1965年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で映画を専攻し通学しながらユニバーサルスタジオへ足繁く通い、ついにユニバーサル社での7年契約を獲得します。
1974年映画:続・激突! カージャックをかわきりに1975年映画:ジョーズ、97年映画:未知との遭遇、81年映画レイダースシリーズや89年映画:インディジョーンズシリーズ等など数々のヒット大作を世界中の映画ファンに届けている監督です。

中でも、おすすめの作品を3つだけピックアップして紹介します。

未知との遭遇(1977年)

引用元:https://filmschoolrejects.com/close-encounters-close-encounters-sci-fi-multiple-versions/

メキシコ砂漠で第二次大戦中に失踪した筈の戦闘機が発見され謎の停電が多発し、発電所職員のロイは復旧作業に向かう途中で謎の飛行物体と遭遇し真実を調べるため調査をはじめます。
彼の体験を信じる者はなく、更に政治的な圧力により調査妨害がはじまり。。。
現在でも語り継がれている宇宙人とのコンタクトを描いたSFスペクタクル超大作です。

シンドラーのリスト(1993年)

引用元:https://www.dw.com

ナチス占領下のポーランドの街でドイツ人オスカーシンドラーがビジネスを始め、低賃金で真面目なユダヤ人を多数雇用し成功をおさめます。
しかしユダヤ人迫害が激化し無差別殺戮を目の当たりにしたシンドラーは表向きでは私設収容所をつくるとの理由でとあるリストを作り上げます。
実話を基に多くの命を助けたドイツ人男性の諸行をドキュメンタリータッチで描く超大作です。

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年)

引用元:https://www.artofvfx.com/bridge-of-spies/

東西冷戦下に偵察機U-2撃墜事件が発生、その一方でドノバンは捕えられたソ連側スパイの弁護を担当し手腕を発揮して刑期減級を勝ち取りました。
米ソは互いに捕獲したスパイを巡り交渉することになり、政府は切り札であるソ連側スパイに詳しい腕利き弁護士ドノバンをネゴシエーターとして起用します。
国家的ミッションに挑むことになったドノバンは血を流すことなく米ソ間の捕虜交換を遂げることができるのか?!

映画『 マイノリティレポート 』を、U-NEXTで無料視聴しよう

本作は利便性を優先したシステムへの盲信や犯罪率減少の過信への問題意識をスピルバーグ監督らしいさりげない手法で、あくまでも娯楽作品として楽しみながら気付ける良作です。
安心や安全の裏に隠された冤罪や能力者アガサたちの様な犠牲者がいることも知らなければならないリアリティのある内容となっています。
SF好きな方も、ノンフィクション作品好きな方にもお勧めの作品です!

31日間の無料体験のあるU-NEXTで、ぜひこの機会に『 マイノリティレポート 』を視聴してみてください!

\ 31日間の無料体験実施中 /

無料体験中に解約をすればお金はかかりません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です